リフォーム

リフォーム会社の選び方

リフォーム会社はさまざまな種類があり、そのなかで自分にあった業者を見極めることがリフォームの成否につながります。
業者選びは多くの方が頭を悩ますところですが、失敗しないリフォームをするためにも、しっかりと時間をかけて判断しましょう。
失敗しないリフォーム会社を選ぶポイントをご紹介します。

信頼できる業者かどうか

住宅の建築もリフォームも、建築業界では契約を結んだ業者が施工をするとは限りません。ひとつの業者がすべてを施工することもほとんどなく、一部または全部の工事を協力業者(下請)が施工し、契約業者の担当者が窓口となることで施主の希望する工事を実現します。

そこで、重要なのは契約を結ぶ業者の信頼性。例えば、お客さまからの連絡に対し、「すぐに対応します」と言いながらなかなか行動しない業者は、工事中に何かしらの問題が発生した場合も対応が遅いことが多いので要注意です。
また、業者の責任者が現場に立ち会うようでなければ、工事中の柔軟な対応が期待できません。
さらに、リフォームは住みながらの工事が多いので、業者の担当者との相性も大きなポイントです。

見積りの詳細や工事の内容が明確か

リフォーム業者を選ぶときに、もっとも目に付きやすいのが見積りの金額です。しかし、単純に金額だけで選ぶのは注意が必要です。仕上がりに差が生じ、見た目にはわからなくても、使っているうちに不具合が発生したり腐食が進むことがあります。
また、あまりに工期が短い業者は注意が必要ですし、見積りの安さは保証やアフターサービスの有無にも関わってきます。

さらに、見積りに記載されている工事項目をきちんと確認することで、希望するリフォーム内容が業者に正確に伝わっているかも確かめることができます。希望の内容が見積りに入っていない場合は、最終的に追加工事が発生し、その分の費用を請求される場合があります。

工事の責任者や管理体制が明確か

契約を結び、いざ着工すると、契約業者の責任者が現場監督や窓口となって工事を進めます。
下請業者に丸投げしてしまうような業者は、契約内容のすべてを職人に伝えきれていないことがあり、最終的にイメージと違うものができあがったり、追加工事が発生する場合があります。初対面の職人とお客さまとでは、現場でのコミュニケーションがスムーズに取れないことも少なくありません。

また、解体工事により、土台の腐敗やシロアリの虫食い、抜けない壁などの問題が発見され、工事内容に変更が生じる場合もあります。そうした臨機応変な対応が求められる際、指示を出す責任者がいないと、現場を的確に納められない可能性があります。

つまり、きめ細かい柔軟な対応でお客さまの希望するかたちが実現できるかどうかも、責任者の手にかかっているのです。きちんとした業者であれば、責任者と現場の職人の信頼関係が構築されているため、たとえ現場に責任者が不在だった場合も、密にコンタクトを取っているので、予想外の施工や金銭トラブルなどを防ぐことができます。

アフターフォローが充実しているか

お引渡し後に不具合を発見した場合、メンテナンスを受けられるかどうかは契約業者によってさまざまです。また、リフォーム内容によってもメンテナンスの範囲は異なり、保証期間や保証書の有無も多種多様です。アフターメンテナンスの充実は、リフォーム会社を選ぶ重要なポイントです。リフォーム後も引き続きお付き合いができるか会社どうかをご確認ください。

また、なにか不具合があった場合の対応も、地域密着の会社は迅速であることが多いのもポイントです。

まとめ

ポイント1でも述べたとおり、リフォームは複数の業者が協力して行います。
社名を聞いたことがある業者でも管理体制や工事内容によっては、仕上がりに差が出てしまいます。
よって、「有名な会社だから」、「見積もりが安かったから」といった理由での業者選定は失敗のもとです。

逆に、信頼できる誠実な業者に依頼することができれば、リフォームによって快適な生活を送ることができます。
リフォームで治した場所は長い期間お使いになりますので、上で挙げたポイントを参考にじっくりご検討ください。

リフォームに関するお問い合わせ先

長野都市ガス株式会社 リビング営業部 リフォームグループ

026-224-9916

受付時間:月~金 9:00~17:00
ただし、年末年始、土曜日、日曜日、祝日は除く