こんなときは

ガス給湯器・風呂釜の凍結予防方法

冬季は、ガス給湯器・ふろ釜の凍結にご注意ください

冬季は気温が下がり、ガス給湯器内部や給湯・給水配管、追炊き配管内等の水が凍結してお湯が使えなくなることがあります。
ご参考として、ガス給湯器の給水・給湯配管等の凍結予防方法をお知らせします。

凍結予防の方法

「ガス給湯器本体の電源プラグ」と「凍結予防ヒーターの電源プラグ」は抜かないでください。

最近のガス給湯器には、凍結の危険のある温度近くになると自動的にガス給湯器内の凍結予防ヒーターが作動します。ガス給湯器本体の電源プラグを抜いてしまうと作動しないため、電源プラグは抜かないでください。

ガス給湯器のリモコンの運転スイッチ「入/切」に関係なくガス給湯器内の凍結予防ヒーターは作動します。

給湯・給水配管に凍結予防ヒーターが巻かれている場合は、凍結予防ヒーターの電源プラグを抜いてしまうとヒーターが作動しないため、電源プラグは抜かないでください。

凍結予防ヒーターが巻かれていない場合や保温材がしっかりと巻かれていない場合は、凍結の恐れがあります。詳細については、水道業者や弊社までご連絡ください。

「追い炊き機能付きのガス風呂給湯器」は、浴槽の残り湯を循環アダプターより5cm以上、上にある状態にしてください。

ガス給湯器が凍結の危険のある温度近くになると自動的にガス給湯器内のポンプが作動し、循環することで追い炊き配管内の凍結を防止します。

ガス給湯器のリモコンの運転スイッチ「入/切」に関係なくガス給湯器内のポンプが作動します。

通水による凍結予防方法

ガス給湯器のリモコンの運転スイッチを「切」にする。(リモコンがない場合は、②から)

ガス給湯器のガス栓を閉止する。

給湯栓(蛇口)を開いて、少量の水(1分間に約400cc・・太さ約4mm)を流したままにしておく。

バランス型ふろ釜は機器本体の水抜きを行ってください。

ふろ釜の取扱説明書に従って機器本体の水抜きを行ってください。

凍結してしまったら・・・

気温の上昇で自然に溶けるのを待ち、水漏れやガス給湯器の作動に異常がないことを確認のうえお使いください。

エコジョーズは、ドレン配管が凍結する場合があります。