電気料金

電気料金の計算方法

電気料金は毎月、燃料費調整額を加減いたします。
また、電気料金の一部として、電気のご使用量に応じて再生可能エネルギー発電促進賦課金をご負担いただきます。

燃料費調整制度について

燃料費調整とは

燃料費調整とは、原油・LNG・石炭の燃料価格や為替レートの変動を電気料金に反映させていただくものです。

燃料費調整のしくみ

原油・LNG・石炭それぞれの3か月間の貿易統計価格にもとづき、毎月平均燃料価格を算定します。算定された平均燃料価格(実績)と、基準燃料価格(45,900円/kl)との比較による差分にもとづき、燃料費調整単価を算定し、電気料金に反映します。

平均燃料価格の算定期間と電気料金への反映時期

各月分の燃料費調整単価は、3か月間の貿易統計価格にもとづき算定し、2か月後の電気料金に反映します。

平均燃料価格

平均燃料価格は、原油・LNG・石炭の貿易統計価格(貿易統計にて公表される円建ての輸入価格)をもとに算定される燃料価格をいいます。

平均燃料価格=A×α+B×β+C×γ (10円の位で四捨五入)

A:各平均燃料価格算定期間における1kl当たりの平均原油価格
B:各平均燃料価格算定期間における1t当たりの平均LNG価格
C:各平均燃料価格算定期間における1t当たりの平均石炭価格

α:0.0275
β:0.4792
γ:0.4275

(α、β、γは原油換算係数×熱量構成比)

再生可能エネルギー発電促進賦課金制度

「再生可能エネルギー発電促進賦課金」とは、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって電力の買取りに要した費用を、電気をご使用のお客さまに、電気のご使用量に応じてご負担いただくものです。法令に基づく賦課金単価(従量制の場合)は、以下のとおりとなります。

平成29年5月請求分~平成30年4月請求分
2.64円/kWh[税込]

託送料金相当額

託送料金相当額とは、お客さまへの電気の供給に必要となる一般送配電事業者の送配電ネットワーク利用料金に相当する金額です。
ご請求金額に託送料金相当額を含んでおります。
なお、低圧で電気をお使いいただいているお客さまにつきましては、ご使用量に【9.73円/kWh(税込)】を乗じて、託送料金相当額を算出することができます。