長野都市ガス

ライフステージ別に比較する

ふたりで働く20代の家時間は夜型リフレッシュ指向 20代

仕事も、趣味や遊びも全力投球したい20代のふたり。
実質的な“家時間”はほとんど夜だから、料理も、洗濯も、食事も、お風呂も、テレビやDVDを楽しむリフレッシュタイムも、夜の時間に集中しがちですね。

光熱費のチェックポイント

深夜電力を効率よく利用し、夜間の電気料金が格安になるプランを選ぶのが光熱費を抑える上で、もっともおトクかも知れません。
今の生活スタイルだけをみると、オール電化住宅の選択も考えられますね。
生活スタイルは家族の成長にともなって大きく変化するから、先のことを考え、エネルギーと設備を選びましょう。

ガスのある暮らし

スタイリッシュなIHクッキングヒーターなら彼も調理を楽しんでくれるので、オール電化がいいな…奥様のそんな声をしばしば耳にします。
でも待って。スタイリッシュというだけなら、ガラストップコンロだって負けません。
炎を見ながら中華鍋を華麗に振る彼の“勇姿”はガスならでは。
野菜や肉・魚の網焼きなど、調理の粋な楽しみもガスが提供してくれます。

忙しいふたりだからこそ、リフレッシュタイムは大切ですね。
リフレッシュ&美容効果のあるミストサウナのある浴室で極上のおうちエステタイムはいかがですか?
これもガスならではの快適設備のひとつです。

ず~っと大好きなわが家にしたいから

今は夜型のふたりライフ。エネルギーは夜間電力主体にして光熱費を抑えて暮らすのがいいでしょう。

でも、働き方が変わったり、ベビーが誕生したりすることで生活時間は確実に変化するはず。

その時がくることをあらかじめ想定し、電気・ガス併用の住宅設備にしておけば、改めて工事をしなくても最適のエネルギー選択ができますよ。

いったん家を建築した後で、ガスの配管工事を行うのは、手間もかかるし、経済的にも、もったいないですね。