こんなときは

ガスメーターの復帰方法

ご家庭で幅広く使われているガスメーターの復帰方法です。

ガスメーターの復帰方法

ガスの使われかたに異常の疑いがあったり、震度5程度以上の揺れを感知したときなどに、ガスメーターが自動的にガスを止めます。ガスが止まって赤ランプが点滅していたら、復帰の手順に従って操作してください。ガス漏れなどの異常がない場合は、 復帰してガスが 使えるようになります。(復帰とは、再びガスを使えるようにすることです。)

注意:ガス臭い時は復帰操作を行わず、窓を開けて換気し、メーターガス栓を閉めてすぐに長野都市ガスへご連絡ください。

ガスくさいときの対応

すべてのガス機器を止めてください。ただし、メーターガス栓は閉めないで下さい。

復帰ボタンのキャップを手で左に回し、キャップを外してください。

(キャップが無いメーターの場合は、次の手順に進んでください)

復帰ボタンを止まるまでしっかり押して、すぐに手を離してください。

ボタンが元に戻り表示ランプが再び点滅します。キャップがある場合、元に戻してください。

約3分間待ちます。 この間にガスメーターがガス漏れがないかを確認。

表示ランプの点滅が消えるとガスが使えます。

約3分以上待っても表示ランプの点滅が消えない場合は、ガス機器の止め忘れがないかを再確認してください。

止め忘れがありましたら、お止めいただき、はじめから復帰操作をしてください。

復帰方法を「動画」でも、ご確認いただけます
ガスメーターの復帰方法の動画は、経済産業省のホームページをご確認ください。
ガスの安全見直し隊「ガスメーターの復帰方法」(経済産業省)

ガス機器の止め忘れがないのに復帰できない場合は、ガス漏れの恐れがありますので長野都市ガスへご連絡ください。

長野都市ガスの窓口