長野都市ガス ようこそガスのある生活へ。

ホーム  >  ガス機器のご紹介  >  ガスコンロのポイント

より安心、便利に。最新のガスコンロは料理づくりの楽しみを広げるさまざまな機能や工夫がいっぱいです。

ガスコンロのポイント

安心

立ち消え安全装置のイメージすべてのバーナーに安全センサーを搭載。
これまで以上に、安心で楽しいキッチンライフをお届けします。

煮こぼれ防止イメージ

立ち消え安全装置

煮こぼれや風などで、知らない間に火が消えても、自動的にガスを止めます。

煮こぼれで安全装置作動

調理油過熱防止装置

鍋底の温度を見張り、油が発火する前に火力を制御し、火災を防ぎます。

消し忘れで安全装置作動

消し忘れ消火機能

コンロやグリルの火をうっかり消し忘れても、一定時間後に自動消火します。

※業務用ガスコンロ、可搬性のある一口コンロは対象外です。

便利

充実の便利機能で美味しさをサポート。
ガスの炎ならではの料理を手軽に楽しめます。

コンロ調理タイマー

調理時間をタイマーで設定でき、時間になったら自動消火。
「焼きすぎ」、「煮すぎ」、「茹ですぎ」を防ぎます。

コンロ料理タイマーのイメージ

油温度調節機能

揚げるものに応じて、お好みの温度に設定すれば、火加減を自動調節。
天ぷら料理もプロ並みです。

油温度調節機能

自動炊飯機能

お米の旨みを引き立てる、ガスならではの炊き上がり。
微妙な火加減を自動で調節しながら、ふっくらご飯を炊き上げます。

自動炊飯機能のイメージ

両面焼き水なしグリル

焼き魚はもちろん、ピザやグラタンまで、上下の直火でこんがり焼き上げます。

両面焼き水なしグリルのイメージ
料理仕上がりイメージ

キレイ

ガラストップなら、軽い汚れはサッと拭くだけ。
グリルも分解できるので、お手入れが簡単です。

凹凸が少ないのでサッと拭くだけで美しさをキープ。毎日のお手入れも簡単です。

お手入れの様子

今までお手入れが面倒だったグリルも4つに分解でき、お掃除も簡単。
グリル皿は汚れのつきにくい加工だから、水でサッと洗い流すだけ。

※機種によって仕様が異なります。

お手入れ(洗浄)の様子

ビルトインコンロのご紹介

DELICIA

機能美を極めたコンロを使いたい
詳しく見る

DELICIAの画像

Lisse

暮らしに、豊かなスタイルとセンスを
詳しく見る

Verieの画像

Udea

どなたにも使いやすい簡単なコンロを使いたい
詳しく見る

Udeaの画像

選べる楽しさが、食卓に彩りを添える
詳しく見る

piattoの画像
知っていますか?てんぷら油火災は火がなくても起こります

「IHクッキングヒーターは火がないから安心」と思われている方が多いと思います。しかしガス式・電気式を問わず、コンロによる火災で最も多い原因「天ぷら油火災」は、火があるから起こる火災ではありません。
油は370℃に達すると自然発火するので、コンロの火がなくても火災は起こります。

ガスコンロの場合250℃になると弱火になり火力を調整します

ガスコンロの場合、温度センサーが鍋底の温度を感知して、約250℃になると自動消火し、油の発火を防ぎます。
全口に温度センサーがついていないガスコンロを使用する場合、天ぷら油加熱防止機能付の方で揚げ物をすることが重要です。なお、現在発売されているガスコンロは、すべての口に温度センサーが搭載されています。

IHクッキングヒーターの場合、鍋底が急激に加熱されます。従って、少量の油で加熱した場合、揚げ物キーではなく加熱キーで操作した場合、鍋の急激な温度上昇にセンサーによる温度検知が追いつかず、発火するおそれがあります。また、鍋底が変形した鍋で調理した場合、プレート上に煮こぼれがある場合などには、温度センサーが正しく働かず発火するおそれがあります。フライパンの予熱は、急激に温度が上がり、その状態で油を注ぐと発火の危険がありますので、避けたほうが良いでしょう。IHクッキングヒーターを使用する場合には、こうしたIHクッキングヒーターの特徴をきちんと理解し、正しい使用方法で調理することが大切になります。