長野都市ガス ようこそガスのある生活へ。

ホーム  >  ガスご利用ガイド  >  地震のとき

ガスご利用ガイド

こんなときは

地震のとき

感震器が震度5相当以上の地震を感知すると、マイコンメーターが自動的にガスを遮断します。
あわてないで、落ち着いて行動してください。

グラッときたら

テーブルや机など頑丈な家具の下にふせるグラッときたらまず身を守る。
テーブルや机など頑丈な家具の下にふせて、座布団や雑誌などで頭部を保護し身の安全を確保してください。
(ただし、建物が倒壊する危険がある場合は、外にとび出すことも必要です。)

揺れがおさまったら

ガス栓を閉めるすばやく火の始末。
揺れがおさまったら、ガス機器の火をすばやく消してガス栓を閉めてください。
(ゆれている最中にあわてて火を消そうとすると、やけどや転倒してけがをするおそれがあり危険です。)

ガスのにおいを確認

ガスのにおいを確認火の始末をした後は、ガス機器やガスメーターのまわりからガスのにおいがしないか確認してください。

ガスくさい場合は、長野都市ガスまでご連絡ください。

再びガスを使う場合

ガス機器のかたむきや接続のはずれがないこと、給排気設備の異常がないこと、またガスくさくないことを確認してから、ガス栓を開いてご使用ください。
ガスメーターの赤いランプが点滅している場合は、ガスが止まっています。復帰手順に従って復帰操作をお願いします。