採用情報社員紹介

「長野都市ガスのリフォーム」で
お客さまの暮らしをゆたかに

土屋真理央

リビング営業部
リフォームグループ
2012年入社

いまの仕事の内容を教えてください。
水廻りを中心とした住宅リフォームのプランナーをしています。

長野都市ガスではリフォーム事業も手がけており、私はキッチンやトイレ、浴室など、水廻りを中心としたリフォームのプランナーをしています。当社のリフォームの特徴は、ご提案からお打ち合わせ、お見積りのほか、工事の立会いやアフターフォローまで社員が一貫して行っており、リフォームをしたその時だけでなく、お客さまとの生涯にわたるお付き合いを大切にしています。

仕事の流れとしては、当社の営業担当や定期保安巡回の社員がお客さま宅を訪問した際にリフォームのご希望をお聞きしたら、後日私たちプランナーが訪問し具体的なご要望をお伺いします。依頼内容としては、キッチンの場合だと「収納を増やしたい」、「身長に合ったキッチンカウンターの高さに変えたい」、「汚れが目立ってきた」というものが多いですね。トイレは故障による取り替えが多く、浴室は「寒いので暖房を導入したい」といったものも。お客様のお悩みはお一人お一人違うので、同じ場所をリフォームする場合でも、プラン内容はいつも異なります。そしてお引き渡し後は、便利に使っていただいているか、定期的に伺っています。

ちなみに、私は大学時代は化学を勉強していた「リケジョ」でした(笑)。リフォームや建築はゼロからのスタート。最初は框(かまち)や根太(ねだ)、間柱(まばしら)といった建築用語もまったく知らない状態で、先輩の仕事に同行して教えてもらったり、本を読んで勉強しました。現場の職人さんたちも私の先生です。また、福祉住環境コーディネーターやインテリアコーディネーターなどの資格は役立つと考え、積極的に取得しました。

仕事のうえで心がけていることは?
約束は守ること、お客さまのお話をきちんと聞き、目線を合わせて話すことです。

この仕事は信頼関係が大切です。だからこそ、約束は必ず守り、しっかりと目線を合わせてお客さまのお話を聞くことを心がけています。最近、お伺いしたお客さまが玄関先で座っていらっしゃったので、私も膝を落としてお話したところ、すごく感激してくださいました。特に意識はしていなかったのですが、そういう姿勢ひとつでもお客さまに喜んでいただけると気付かせていただきました。

また、リフォームをするためにはお客さまが普段どのような生活を送っているのかといったライフスタイルを知る必要があります。そのためにも、なるべく気軽に話していただけるよう、親しみやすい雰囲気づくりを心がけています。「土屋さんだとついつい余計なことまでしゃべっちゃうわ!」なんて言っていただけると心の中でガッツポーズですね(笑)
お客さまのお話はリフォームをご提案する際のヒントになりますので、趣味のことなどもぜひ教えていただきたいと思っています。

若手社員の活躍に期待をかけてくれるのも長野都市ガスの特徴です。私たちは年3回の「ガス展」やリフォーム独自のイベントなどを毎年開催しているのですが、そこでの企画も早い段階から若手社員が任されています。来場される方に楽しんでいただくために何か新しくておもしろい企画はないか、常にアンテナを張っています。

この仕事ならではのやりがいは?
リフォームをされたお客さまと喜びの瞬間を共有できることです。

リフォームは改修前後の変化が目に見えてわかるので、お客さまがとても喜んでくださいます。そんな姿を間近で見られることや、その喜びの瞬間をお客さまと共有できることは幸せだと感じています。

なお、リフォームのお客さまは長年そのお宅に住んでいる方がほとんどなので、比較的高齢のお客さまが多いですね。「20歳(ハタチ)のリフォーム」というテレビCMもあるように、大体そのくらいの期間を目安にリフォームをされる方が多いようです。

お客様が長く住んでこられたお家のリフォームを任せていただくわけですから、より快適に過ごしていただくためには、といつも頭を悩ませています。

お客様にピッタリだと思うプランが思い付き、それを気に入っていただけると高揚感でいっぱいになります。それがまたモチベーションになってプランを実現させるための打ち合わせにも気合が入ります。

ちなみに、長野都市ガスの住宅リフォームは5名のプランナーがいますが、そのうち3名が女性社員。というのも、リフォームは一般的に生活に踏み込んだ依頼が多く、特にキッチンは男性よりも女性が立つ機会が多いため、女性社員のほうがよりお客さま目線のご提案ができる場合もあるためです。例えばキッチンなら「後片付けが面倒なときもありますよね」とお話して共感が得られると、そのわずらわしさを軽減できるような商品をおすすめしています。

ただ、以前はお客さまから「若い女性に任せるのは不安」と言われ、苦労したことも。それでも、自信をもって「お任せください、大丈夫です」とお伝えし、わからないことがあっても決してわかったふりはせず、経験のある先輩に聞いて対応していました。そうした誠実さがあれば、お客さまも信用してくださるのかなと感じています。

ある1日のスケジュール

8:30
出社。事前準備
8:45
始業・朝礼
9:30
お客さま訪問
12:00
昼食
13:00
現場にて工事の進捗確認
15:00
お客さま訪問
17:00
帰社、見積り・資料作成
18:00
退社

休日の過ごし方を教えてください。
フラダンス教室に通ったり、ボランティア活動にも取り組んでいます。

数カ月前からフラダンス教室に通っています。ちょうど昨日も踊ってきたんですよ。フラダンスを始めたきっかけは、何か体を動かすことがしたいと思ったからです。ただ、私はあまり運動神経がよいほうではないので(笑)、フラダンスのゆったりとした動きなら私でもできそうかなと思って始めました。入社当時は上司から誘われゴルフも始めたのですが、困ったことに「筋がいい」と言われる割には全然成長しないんですよね(笑)。

それと「長野東ローターアクトクラブ」という社会奉仕団体に所属し、ボランティア活動をしています。これは、長野県内の企業経営者などが所属している奉仕団体「ロータリークラブ」の下部組織で、私は長野都市ガスの代表として任命されています。優秀な先輩の後任なのでプレッシャーを感じながらも、年齢制限の30歳までは頑張りたいですね。クラブでは他の企業の方とも交流してさまざまなイベントを企画しており、先日は熊本地震の復興支援に行ってきました。普段の生活ではなかなかボランティアに参加する機会がありませんが、このクラブに所属していることで貴重な経験ができ、とてもありがたく感じています。

今後の目標は?
「長野都市ガスのリフォーム」の認知度アップに貢献し、将来は結婚・出産を経ても働くプランナーに

長野都市ガスがリフォーム事業を行っていることをご存じない方がまだまだたくさんいらっしゃるので、現場の仕事を大事にしながらも、認知度アップに貢献できるような仕事をしたいと考えています。当社の強みは、社会インフラを支えている会社であることから地域密着型で、末長いお付き合いができる点です。また、私たちはショールームにご案内したり、わかりやすいお見積もりをお出しするなど、きめ細かい対応を心がけています。
営業拠点も各地にあるので、何かあったらすぐに駆けつけられるのも便利に感じていただけると思います。そうした魅力をもっとアピールしつつ、「長野都市ガスでリフォームして良かった!」と言ってくださるお客さまを増やしていきたいです。

また、結婚・出産を経ても、ずっと仕事を続けていくことも目標です。私が当社の入社を決めたのも、末長く働ける会社だと感じたから。実際に結婚・出産をされたあとも仕事を続けている女性社員もいますので、私も先輩方に続いていきたいですね。妻として、母として、、、さまざまな立場を経験してご提案の幅を広げていきたいです。

それと、個人的にはフラダンスを続け、いつか本場のハワイで踊ることが夢です(笑)。