採用情報社員紹介

長野都市ガスの事業を広く知っていただき、
地域貢献をめざして

岡田直幸

東信支店
お客さまサービス課
2006年入社

仕事の内容を教えてください。
定期的な設備安全点検や引越し時の開栓・閉栓、緊急時の対応、ガス設備のご提案などをしています。

都市ガスを利用しているお客さまのお宅を訪問し、定期点検で配管のガス漏れ調査やガス器具の設置状態などを確認したり、引っ越し時のガスの開栓・閉栓手続きをしているほか、ガス漏れなどの緊急時は現場に駆けつけて応急措置や安全確保を行っています。また、都市ガスの特長を生かしたガス設備の提案販売や、大口供給を行っているお客さまのガス料金に関する検針、メーター管理も私たちの仕事です。

こうした仕事のなかで意識しているのは、専門用語を使わず、なるべくわかりやすい言葉でお客さまにご説明するということ。特に比較的高齢のお客さまが多いので、相手のペースに合わせて話すことを心がけています。

また、佐久地域は交通の便がよいことから新しいアパートやマンションが増えており、移住者の増加に伴い、ガスの開栓も増えています。そういったお客さまには寒冷地ならではの地域特性をお話するとともに、凍結防止対策など都会とは異なるガス機器の使い方についてもご説明しています。

また、チームリーダーとしては常に仲間への声かけを行い、作業の進捗などを確認しつつコミュニケーションを図ることも意識しています。彼らには作業前の段取りが大切であることも伝え、個人的にも常に「段取り八分」を肝に銘じることで安全作業に努めています。

この仕事ならではの魅力は?
多くのお客さまと話ができたり、経験を生かしながら地元で働けることが魅力です。

さまざまなお客さまと、ガスのことだけでなく世間話も含め、多種多様なお話ができるのは楽しいですね。また、私は長野都市ガスに入社する前は関東圏で働き、東京ガスのリフォームの仕事をしていました。その知識や技術を生かして地元・上田市近郊で働きたい思いでこちらに入社したので、いまは長年の経験を生かしながら地元に貢献できる喜びを感じています。

これまでの仕事で特に印象に残っているのは、入社してまだ1~2年のころにあった飲食店でのガス漏れの緊急対応です。すぐに駆けつけたものの、応急措置ができずお客さまに保安閉栓をお願いしたところ、夜の営業もあるからと承諾していただけずに困り果てたことがありました。そこで、悩んだ末に上司に相談すると「お客さまの安全確保が最優先であり、営業保証などの処理は会社がバックアップするから自信をもって止めなさい」と後押ししていただき、とても心強く思いましたし、仕事の自信にもつながりました。

ただ、この仕事は専門知識が不可欠なので、経験を積まないと仕事が成り立たない難しさも感じています。また、私の部署はチームで動いているため、個人プレーは通用しない点も大変です。だからこそ、チームで助け合いながら作業をこなしていく大切さを実感しています。

長野都市ガスはどんな会社?
明るく活気あふれる雰囲気で、さまざまなことにチャレンジできる会社です。

以前から和気あいあいとした雰囲気でしたが、ここ最近は特に若手社員が増えていて活気があります。明るいタイプの社員が多く、事務所内はいつも笑い声が飛び交っていますね。東信支店内で親睦会を結成して積立も行っているのですが、この積立を使って、年末には全員で昼食にうなぎ弁当を食べて一年の労をねぎらったり、暑気払いや忘年会も開催しています。社員の異動や結婚などでは祝いの品を渡したり、定期的に「カレーの日」などを設けてみんなでカレーを食べることも。積立のやりくりから、少しでも社内を盛り上げていこうというムードが漂っています。

また、設立10年と若い会社であることから、いろいろなことにチャレンジできる環境でもあります。私自身も、まだ業務のマニュアルが揃っていなかったころに中途入社をしたので、自分の経験を織り交ぜながら作業の流れを確立していった経緯があります。いまは新入社員が増えたので、私たちがつくってきた作業の流れをもとに、より安全に効率よくできる体制をつくっていってもらえたらと思っています。

ある1日のスケジュール

8:00
出社。作業分担・業務準備
8:45
始業・朝礼
9:00
安全点検巡回・開閉栓作業・お客さま提案巡回・書類処理
12:00
昼食
13:00
安全点検巡回・開閉栓作業・お客さま提案巡回・書類処理
15:00
お客さま訪問
17:00
帰社、伝票処理・業務準備
18:00
退社

休日の過ごし方を教えてください。
3歳と0歳のふたりの息子と慌ただしく過ごしています(笑)。

休日はふたりの息子と過ごすことが多いですね。3歳の長男はおもちゃが大好きなので、おもちゃ売り場に行くこともしょっちゅう。最新の展示おもちゃに触り、動作に合わせて動いたりと、一緒になって楽しんでいます。次男は昨年9月に生まれたばかりなので、だいたいはあやす時間に費やされていますが、それはそれで充実しています。最近は笑いかけると微笑み返しをしてくれるようになったのでさらにかわいくて、親バカになる人の気持ちがよくわかりますね(笑)。

また、東信支店には感情を認識するロボット「Pepper(ペッパー)くん」が長野都市ガスで唯一導入されています。ガス展などのイベント時には子どもたちから大人気なので、いずれ息子にも見せてあげたいと思っています。

今後の目標は?
長野都市ガスの事業の周知を図り、新たなチャレンジもめざしていきたいです。

地元の方々には長野都市ガスがどのような事業を行っている会社なのかまだまだ知られていないことが多いので、お客さまと接する際には積極的にPRし、年3回のガス展なども活用しながら周知に努めていきたいです。また、東信支店の事務所は新しく広いショールームも併設しているので、ここの利用も促していきたいですね。お客さまを訪問すると、よく「ガス機器を交換したいが見る場所がわからない」と言われるのですが、そんなときはショールームをご案内しています。もちろん、ここで実際の使い心地を確かめていただけるんですよ。こうして私たちの仕事を知っていただくことで、ゆくゆくは都市ガスのことだけでなく、ガスのことならなんでもお問い合わせいただけるような親密な関係をお客さまと築いていきたいです。

また、立場的には入社10年目の中堅社員となったので、業務を後輩に引き継ぎつつ、次のチャレンジも考えていかないといけません。そこで、一般家庭のガスについてはある程度把握できたことから、今度は道路のガス管の管理など、より広い範囲で行政に絡むような仕事をしてみたいと感じています。そして、一般家庭のお客さまとはまた違った関係性を築いていくことがこれからの目標です。