家庭用燃料電池「エネファーム」

環境性

CO2排出量の大幅削減を実現

「エネファーム」は高い発電効率とともに、発電時に発生する排熱を利用してお湯をつくるので、CO2排出量の大幅削減を実現しました。
年間のCO2削減量は約1400kg。
これは約100本の杉の木が1年間に吸収するCO2の量に相当します。

エネファームCO2削減量

戸建住宅(4LDK)、4人家族で想定。従来給湯器からエネファームにした場合

杉の木の二酸化炭素吸収量13.9kg-CO₂/年(林業白書平成9年より)

一般財団法人省エネルギーセンター「家庭の省エネ大辞典2012年度版」より

リモコンでエコ効果を”見える化”

エネファームの発電量や電力会社からの購入電力量、タンクの貯湯量などを簡単にリモコンで確認できます。また、CO2削減量を樹木で表現、身近なものに換算してお知らせします。リモコンを見れば見るほどマイホーム発電が身近なものとなり、エコ効果を毎日楽しく実感していただけます。

リモコン画面

エネファーム発電量

エネファーム発電量

発電量(目安)や発電金額(目安)をひと目で確認できます。
省エネの目標を立てるのに役立てます。

 

グリーン指数表示

グリーン指数表示

エネファームよって削減できたCO2の排出量を年間に換算し、杉の木の本数に指数化して表示します。自然環境にどれだけ貢献できたかを表示します。

 

購入電気削減率

購入電気削減率

午前0時から現在までの購入電力の削減量を表示します。